Blog

アメリカ本国!マスタングの熱量が凄いのです。  

HOTなマスタングが本国でも急増中で

3年位前から徐々に増えてきて 今年のSEMAでは

去年以上にマスタングが増えています。

SEMA会場でのFORDメーカーブースを見ると

他メーカー以上に力を入れていて毎年思いますが

FORDが一番頑張っていて人が沢山集まってます。

このムラサキもFORDブースに。RTR仕様&エアサスでバリ決まりです。

こちらもFORDブースにあるマスタング。

こちらはSEIBON・Andersonカーボンのブースにあったマス。

トランスミッションなどで世界的に有名なZFモータースポーツブースにあった

シェルビーGT350 素敵です。

屋外にあるFORDパフォーマンス特設会場はマスタングが大暴れ。

RTR仕様が目立ちます。

RTRブースもちゃんとありますよ。

AIもRTR本格的に取り扱い開始です。

ケンブロックのってツインターボだっけ?

これも中々力んでますよね

上の2台もFORDパフォーマンス屋外会場に展示されてたマス。

んで、こっちは屋内のFORDブースに展示されてたマス。やりやり~

これは人が多くて上手く撮れなかったのですが

全部カーボンをまとったマスシェルビーGT350 フォードブースに展示。

右のアンちゃんパンツ見えとる。

ほんで こっちはフォードパフォーマンスROUSHブースにあった

マス。ここらはCOYOTEエンジンonスーパーチャージッドが基本。

で、これも屋内のフォードブースにあったマス。

メーカーなのに激しいでしょ?

FORDは偉いのです。

個人的にグッと来たマスタングファストバック

ライトで有名なスパイダーブースにありました。

 

恐らくこのブログを読んだだけで現地に行かなくても

アメリカ人はマスタングを愛しているのが伝わると思います。

結局、愛なんです。

 

この先、日本でもチャレンジャー、マスタングの二極化マッスルカー時代が

来るのか? コルベットなどもカッコよいクルマ有りますけどね。

 

ただし、アフターパーツのデリバリー量が全然違います。

マスタング購入後の楽しみが圧倒的に多く

これはカスタマーを楽しませる非常に優れた最も楽しませることが出来る

要素ですね、。

 

んん~ファッキン(`・ω・´)ゞ