Blog

シェルビーアメリカン COBBパーリナイ SEMA ラスベガス 続

首と両肩と腰とふくらはぎが痛くてたまらない30歳藤岡

昨日、途中で終わったブログの続きを更新します。

MGMグランドからタクシーで約10分

シェルビーアメリカン 建物の前にはドライビングスクール?的な事が

行われてます。

ドライビングスクールとは言っても爆音でかっとばして

ドリフト走行をして みんなで イェー!!みたいな感じです。

何台かクルマ置いてありますがスーパースネークも普通にあります。

アメリカって素敵。

どれ乗る?みたいなノリで 名車を惜しげもなくぶん回してます。

とりあえず中に潜入してみましょう。

入口のセンス 

去年は時間がなくて来れなかったから今年は来れて良かった。

入るとShelbyグッズが販売されてます。買い込んでおきました。

グッズコーナーを過ぎるとミュージアムな感じで歴代の名車たちが。

中に入り立ったのですが入口が封鎖されており、勝手に入ったら怒られそうなので

自粛します。

これはシェルビーアメリカンが製作したマジCOBRA

何もかもが当時のままの仕様で作られた車両です。ドーナツタイヤ最高。

後で知ったのですがシェルビーアメリカンはいくつかの財団を保有しており

貧しい地域や子供達の為に支援基金を。売れたグッズなどからも一部。

凄いのがTシャツ一枚売れたら買った金額の80%を寄付します。って書いてありました。

もはや金儲けとかではない領域にいます。

ファクトリーに潜入します。

入口の注意書きで写真撮影禁止と書いてましたが

みんな撮っているので僕も気にせずガンガン取りました。

恐らくそういう 振りでしょう。

奥にもなんだか凄いコブラやデイトナが。GT40も 何故か皆ボディが銀色に。詳細は不明です。

メチャ広いです。

場内写真撮影は禁止です。

手前に在庫車【大して売る気ない感じで】置かれています。

JPYに換算すると1000万円付近の物がズラーっと配置。やば。

日本国内には偽物のスーパースネークが数多く溢れていますね。

フォードが作ったマスタング シェルビーGTと

シェルビーアメリカンが作るシェルビースーパースネークは中身も外身も違うんです。

過激な方のシェルビーGTスーパースネークは車両をこのシェルビーアメリカンに持ち込み

制作されます。ただスーパーチャージャーを付けるわけではないのです。

エンジン 室内 エクステリアワイド化など とっても時間とお金が掛かる

贅沢なクルマには余裕を持って待ちましょう。

※車両価値が高いので投資物件にどうです?

3年ほど前から チラホラ出てきた

ラプタースーパースネーク。

前段と同じく 買ってきたラプターを持ち込みスーパースネーク化。

スパルタンで超カッコいいです。

日本でこれ乗ってる人、未だ居ないんじゃない?

ラプタースーパースネーク欲しい人居たらメール下さい。

これはマジでヤバイ。

シェルビーアメリカンを出て テクテク ホテルに戻り その日の夜は

COBBチューニングのパーティー。今年も御呼ばれされたので参加。

写真全然取り忘れてますが、カニ食べ放題で カニをひたすら食べてました。

※もうすぐCOBBチューニングからNEWラインナップで

フォードラプター用がリリースされます。

アクセスポートV3やインテークKIT エキゾーストパーツ インタークーラーなど。

ラプター 盛り上がります。

COBBは皆真面目でちゃんとした会社で安心です。

カニご馳走様です。

今日はここまで。パソコンうつ体力が終わってきました。

首と両肩と腰とふくらはぎが痛いのです。

来週も野球の試合があるので悪影響があってはいけない。

明日はSEMAでてロスに戻ります。